2019年2月17日日曜日

新宿へ行った。そして帰った。

久しぶりに都内へ行った。都内へライブを観に行った。昨年8月の下北沢、「石川浩司/水中、それは苦しい」以来だ。

15:18 新宿に到着。新宿で何をしたいわけでも無いけれど、来れば何かあるかと思って早めに来た。でも無かった。Apple Store新宿に寄った以外、どこにも用は無かった。某電器屋に寄ってみたが、店員が声を掛けてくるので早々に退散した。
蠢く人の群れ、陽の当たらぬ通り、乾燥した空気。私にとって何一つ快適な空間ではない。

どこかで時間を潰そうと、休める場所をブラブラ探す。ファストフード店は遊びに来た若者が占め、小規模なカフェは買い物に来た若者が占め、大規模なカフェは意識高そうな人が意識高そうに集まり、意識高そうな話をしている。その中の一部が搾取する側であり、その他はされる側。みんなで成功しようだなんて、甘い幻想だ。
そうして私はルノアールに落ち着いた。煙草の吸えるルノアール。温かいおしぼり、そしてお茶。今も昔も変わらず落ち着ける店。

17時前、新宿BLAZEへと向かう。17:15から「HEADBANG HELL ON EARTH」の開演だ。が、表の看板には違う内容が。START 18:15? X-HIROSHIMAがいない!?本日最も観たかったX-HIROSHIMA。事情があってのキャンセルだろうて、いないものは仕方がない。
そのぶん開演時刻が後ろ倒され18:15START。それから興味のないベッド・インを観て、THE冠を堪能し、21時頃に新宿を去る。家に着くのは23時前後か。とてもそんな気分ではない。
このまま帰れば、チケット代4,800円と本日の出費2,500円、そして本日費やした7時間がただ無駄になる。一方、日曜の夜を自宅でのんびり過ごせる。
1時間どこかで時間を潰せば、ベッド・インのライブを初めて味わえ、THE 冠のライブも楽しめる。一方、酒の飲まぬ私には無駄でしかないドリンク代、そして遅い帰宅。
真っ先に頭をよぎったのは即帰宅だった。それから2つの選択肢を天秤に掛けてみて、やはり帰る事にした。チケットの払い戻しが出来たなら、VR ZONE新宿に寄るという選択肢も生まれたのだが。

安上がりな小田急を使い、藤沢で乗り換え。19時過ぎには自宅に到着。今日一日で本が一冊読み終わったので、良い読書タイムだったと思おう。
そして、ルノアールの喫煙席で染み付いた煙草の臭いに帰宅後に気づいた事。電車で近くに座った方々、大変申し訳ない。私はgloだが、臭いを持ち込んだ罪がある。私でさえ嫌なのだから、非喫煙者には迷惑以外の何物でもないだろう。

次は3/21のDOWNLOAD JAPAN 2019。AMARANTHEとHALESTORM。最低でもこの2バンドさえ出れば私は満足できるので、どちらも欠けない事を祈る。これに加え、ANTHRAX、SUM41、ARCH ENEMYも欠けなければ期待通りだ。

2019年2月16日土曜日

魚眼を持って曽我梅林

この時期の週末は、自宅から国府津山へと登り、曽我梅林を経由してダイナシティで食材を買い、帰宅する。そんな散歩をしています。歩く度に花の数が増えてきた曽我梅林。先週から観光客が増えてきましたが、全体的にはもう一声欲しい開花状況です。
一方で、ミカンの収穫は終わりを告げる勢いでした。よく見える場所だけかしら。このシーズンは国府津山を歩く人が多いので、ミカンを勝手に捥いで食べてしまう人もいる事でしょう。私はしませんけどね。ちゃんと無人販売でお金払って持ち帰ってますよ。

自宅から国府津駅裏側へと進み、広い車道を登っていきます。ハイキングコースも良いのですが、そこは先週歩いたので。
まだ咲かぬソメイヨシノの下を抜けると、右手に鉄塔があります。どうでも良いものですが、後で景色を振り返った際に目に付くので、位置を知っておいて損はありません。
15分ほど登ったでしょうか。中央にあるのが先ほどの鉄塔です。国府津山は大した山ではないのですが、こうして見ると結構町から離れたところまで歩いています。
なんだかんだと歩き続けて、私のコースでの最高点に到達。
そこからの景色がとても好きです。高い場所に来たことを実感できます。
展望台からの景色。
もう少し下から。梅林を上から一望できる良スポットです。
曽我梅林に来たものの、魚眼をどう使ったものやら。紅白入り混じって咲き乱れてくれると撮り甲斐もあるのですが。
梅林で何をするでもなく、ダイナシティまで歩き、食材を調達して帰宅しました。

2019年2月2日土曜日

雪が降ったらやっぱり明神

1/31(木)は雪が降りました。翌朝、箱根も丹沢も白く染まっており、地団駄を踏みながら出勤したものです。しかも天気が良いもんだから、雪がどこまで溶けるか心配でなりませんでした。
なので本日は明神ヶ岳へ山登り。ちなみに、昨年も木曜に雪が降ってます。しかも2/1(木)という同じ週に。

7:55 国府津発に乗り、小田原で大雄山線に乗り換え。8:34 大雄山駅に到着し、8:38発 道了尊行きの伊豆箱根バスに乗車。
大雄山線の中には20名ほどの年配ハイカーが乗車してました。行き先は同じだろうと思っていたら、やはり同じ。バスの中は大賑わい。これはたまらんと、8:46 道了尊に着いてすぐに歩き始める事にしました。
とりあえず大雄山道了尊に寄ります。何をするわけでもないけど寄ります。積雪はしていませんでした。山の東側だしな、と思って山登り開始。
2本目の林道の辺りまで登ると、ようやく雪山らしくなってきました。
9:32、見晴小屋で6分の休憩。木陰は積雪していなかったので、岩に腰掛ける事ができました。
少し登れば、このコースの魅力であるススキの道に出ます。嬉しいほどの積雪です!
でも実際はこんなもの。所々で地表が見えていますが、登り易くて良いです。
空気が澄んでいて見晴らしも良かったです。
9:55、神明水を通過。ここまで来れば完全に雪山。来て良かったです。
山頂直前の急坂は、普段なら土で滑って登りづらいのですが、積雪のお陰で多少は登り易くなっていました。
10:53、明神ヶ岳山頂に到着。
富士山の向こうには白く染まった南アの稜線も見えました。
ベンチの端は雪が溶けていたので、半ケツ気味に座って12:01まで休憩。
これから宮城野へと下るのですが、軽アイゼンの着用を怠ってトロトロ歩き。着けると脱ぐタイミングが難しいので着けなかったのですが、やはり歩きづらかったです。

ただ、昨日が晴天だったお陰か、木々から垂れてくる水が少なめでした。昨年は下る時間帯にボタボタ垂れてきたもんだから、かなり濡れましたので。

12:30、宮城野、国道138号に出ました。パンのみみをチラっと見たら、やはり待ち客がいたので寄らず。彫刻の森駅へと歩を進めました。
12:48、彫刻の森駅と彫刻の森の中間にある麦とろ専門店「たむや」に到着。麦とろ御前1,500円を食べて大満足。この辺のとろろ飯屋だと「山薬」が有名ですが、私には味が濃すぎなのです。並ぶし、高いし。
13:55発の箱根登山鉄道に乗車し、15時過ぎに国府津へ戻ってきました。温泉には寄らなかったけど、楽しい山登りでした。

温泉も考慮するなら、パンのみみでパングラタンを食べ、勘太郎の湯か宮城野温泉会館で風呂に浸かって、バスで小田原まで帰還。もしくは、山薬で自然薯料理食べて、宮ノ下駅前で茶をしながら足湯ってところでしょうか。

明神ヶ岳の魅力は、その景色だけではなく、山登りの後の楽しみ方が豊富な事です。